景気低迷の影響は賃貸にも|収入を得る為にマンション1棟買いする|慎重に選べば成功率UP

収入を得る為にマンション1棟買いする|慎重に選べば成功率UP

女の人

景気低迷の影響は賃貸にも

積木

物件所有するけど管理は別

賃貸アパート経営をされている人の中には、運営管理を円滑に進めるために悩んでいるという人もいます。近年は景気停滞などの社会情勢により、派遣切りなどが社会問題になりました。この影響は賃貸経営にも影響を及ぼし、家賃滞納などの増加で入居者と貸主のトラブルが顕著になってきました。この様なトラブルで賃貸経営に嫌気を感じる貸主の方が多くなっています。もし賃貸経営に行き詰っているようなら、オススメの賃貸不動産制度があります。貸主が管理所有する物件を不動産管理会社に一旦、貸し出して運営管理を任せる事が出来る家賃保証制度があります。不動産管理会社は、入居者の募集や入退室管理、清掃メンテナンスなどを代行して運営管理を代行して行います。貸主には入居している部屋数に関わらず、全部屋分の家賃保証がされる仕組みになっています。この制度は手数料がかかりますが、貸主の負担が減るだけでなく安定した家賃収入が保証されているため、貸主の利用が多くなっています。

途中解約は慎重に

家賃保証制度を利用する事で、大幅な収支改善が期待できる場合があります。経営する賃貸アパートの部屋が空室割合が多く、予想していたほどの収益が得られていない方や、空室対策のリスク保険の意味合いで利用されている貸主の方も多いです。家賃保証制度を利用する時に重要なのは契約期間です。数年の契約期間から30年以上の長期契約など会社により様々ですが、どの会社にも共通しているのは途中解約が可能だということです。契約途中で気が変わり、また自分で管理運営をやりたくなったら解約を申し入れる事が可能です。ただし、途中解約をする場合は高額な解約金が発生する場合がありますので、契約時に途中解約事項をきちんと確認しておく事が重要です。また、トラブル防止のため、解約時は書面にてきちんと解約手続きをする事が大切です。